2008年08月16日

豊葦原に行ってきました。

8月は毎日ブログ書きたい……

ってな言葉を綺麗サッパリ忘れ、



遥かなる時空を越えて、豊葦原に行ってました。

中つ国を再興してました。

つまりゲームやってました。

遥か4やってました。



昨夜(日付的に一昨日の夜)、全キャラ制覇!!



こんなにゲームをやりこめるのは人生最初で最後だと思います。

一週間以内に完全攻略って、本当にできるもんなんだなぁ……!

食事以外の全てをかなぐり捨てた甲斐がありました。





乙女ゲームとしては、話には聞いてましたが甘さひかえめでしたね。
主人公と相手キャラとの間に生じる苛酷な運命の物語を
彼らがどう乗り越えるか、に主眼が置かれ、
どのように互いの心が惹かれあっていくかが重要視されてない気がしました。
ま、シリーズ前作からその傾向はありましたけどね。
4のほうが、ゲーム開始前からすでに
彼にとって主人公が特別で大切な存在になってるキャラが多いように感じます。
だからあまり恋の過程を描く必要がないのかなー。
まあ、キャラによっては主人公にズブズブのめり込んでいく様子が面白…………
いや、かわいかったり、その、切なかったりして。
まあ、人生いろいろ! 男もいろいろって事で!(?)
何書いてるのかわからなくなってきた!!

要は恋のトキメキより、
恋と戦いと互いの立場から出づる、切なさ苦しさ強さ悲しさのほうがメインだなって事!

まあでも、甘さはあれくらいで、良いです。わたしは。適度です。
エンディングで初めて「好きだ」「愛してる」などの言葉を聞いてときめく……
そんな感じ、好きです。

が。

壮大な悲劇的運命設定のわりに、話がふくらみきってない気がします。
「そこ、もっと語って!?」とか
「そこ、ちゃんと説明しろよ!」とか
「え、それで終わりでいいの!?」とかとか、
突っ込みたい所が結構あった。
あえてスッキリさせない終わらせ方をしてるところは、ともかく。
もったいない……
各キャラと、その設定がかなり良いだけに
(サブキャラは良かったり微妙だったりしましたけどね^^;)
シナリオが消化不良気味なルートがあるのが非常にもったいない!

これは、あれか?
遥かなる時空を越えて4の次回作に期待☆ってことですか?
それともプレイヤーのご想像にお任せ☆ってことですか? 二次創作しろと?

――くそー!!



と叫びつつ、遥か4、かなり好きです(笑)

古代日本風世界、最高!

ファンタジー、大好き!

戦いの中で生まれる悲恋、たまらない!

それぞれのキャラクターも良いんですが、何より主人公が素晴らしいv
かわいいよー、姫。
弓を引く姿が凛々しくて、無垢にほほ笑む姿が愛しいよ。
お前には人を惹きつける華があるよ!(興奮)

んでもって絵が綺麗。
キャラの表情、背景イラストやらグラフィック。
技術と想像力ってすごいね……!

シナリオには納得いかない点もありますが、ビジュアルについては文句なしです。

微妙なアニメーションが無いところも、良し(苦笑)





とゆーわけで、ここ数日、豊葦原を満喫してました。
各キャラごとについて語りたい気もしますが、
長文になるので誰も読みたかないだろう(すでにここまでで十分長いし)
と思うので、カット!

とりあえず好きなシナリオはアシュヴィンの。敵対する姫と王子の恋の行方――
いいですな! 盛り上がりましたな!
好きな設定は遠夜の。まさに運命の恋。まさにパレアナ好み。
プレイ前は1番謎な人物だったけど、いろいろ納得いきました。
好きな「手先は器用だけど人間関係は不器用な
口の悪いひとりぼっちキャラ」は那岐。ストライク入りました。
好きな「大口たたくわりに逃げ足速くて照れ屋で
ヘタレだけどいざという時は男前キャラ」はサザキ。ストライク入りました。
好きな「一生懸命恋しちゃってカワイイ少年♪
いじりたいNo.1キャラ」は布都彦。ストライク入りました。三振!
好き嫌いを越えて印象的なエンディングは、忍人の。
わたしは、この結末があったほうが彼への好感度は上がりましたけどねー……。途中から忍人のためにゲームしてたなぁ……。
それから不意打ちでときめかされたキャラは柊。
怪しさとエロスは断トツ一位でしたね。底知れない想いの深さにヤラレました。
そしてそして、全てを超越した魅力と存在感を持つキャラは風早。
彼なくしては遥か4は成立しませんものね。
井上さんボイスがまた………なんて乙女心に響いてくるのかしら!
あと、ナーサティヤに意外と心揺さぶられた……奴をあなどってました。
おいしいとこ持ってったなー、置鮎さん☆
あとあと、

ってあれ。カットできてない!!(汗)
結局みんな好きなんじゃないか。
あ、一ノ姫は言わずもがなv 彼女の書を読みたい。誰か書いて……!!(切望)





さーーーて。

これから少しずつ現実世界に帰らないと……
とりあえず両親が帰る前に掃除しないと……





と、同時に。



戦い、そして生まれる悲しみは

ゲームの中に在るだけではないことを

今日この日

もう一度

胸に、刻まなければ――。






拍手ありがとうございます!
……現実から逃亡してたせいで、ご心配くださったんですかね?
それとも料理へのエール!?
なんにせよ、たくさんありがとうございます!!


メッセージもありがとうございます。

先日はどうも~、コビトさん。またもコメント嬉しいです。
上記の通りゲーム頑張りましたよ(笑)
あ、料理も……頑張ってるっちゅーか。
残り物を適当に調理することはやってます、よ。
だけど人に食べさせられるかといえば……………ねえ?
まあ、が、頑張るっす。
また遊びましょうねー!

at 00:12│