2006年07月29日

オペラ座に行ってきました。

試験対策を頑張らなきゃなんですが、せっかく姉がタダで観劇させてくれるというんです。
逃してたまるか、逃せるか!

ってなわけで。汐留の四季劇場「海」へ行ってきましたっ。

……と思ったんだけど…
わたしが行ったのは劇場じゃなかった。あそこはもう、オペラ座!
目の前でオペラ座がよみがえった!!



劇団四季「オペラ座の怪人」



以前に映画を見たときは、実はストーリーがいまひとつ好きになれなかったんです。
俳優さんたちの演技や歌は素晴らしかったんですけど。
演出効果もバツグンだったんですけど。
なんでか感情移入できなくてねー。

しかし今回は、ストーリーが理解できているからでしょうか。
日本語で語られ歌われているからでしょうか。
生の舞台ならではの空気のためでしょうか。

ぼろ泣き!(>Д<。)。。。

時間があるなら語りたい…
この胸にたぎるファントムへの想いを語りたい!
あああ……
愛は、天使の歌声のなかにも地獄の業火のなかにも在るものなのね………

舞台後、胸がいっぱいで口がきけませんでした。





拍手ありがとーございますv

at 00:07│